日本で生活する外国人のビザ(在留資格)について学ぶ

ビザ 在留資格の申請と手続きの相談

外国人はビザ(在留資格)が必要です

外国人が日本に来る目的は、「日本で働く」「日本人と結婚」「留学」など、様々な理由があると思いますが、外国人が中長期で日本で生活するためには基本的にビザ(在留資格)が必要となります。

個人がビザを取得する場合もビザの知識は必要ですが、企業が外国人を雇用する場合もビザの知識は必要です。

ビザの申請方法

ビザを申請する方法は大きく分けると3種類あり、外国人の事情により申請方法は異なります。

申請方法 概要
在留資格認定証明書交付申請 外国にいる外国人配偶者を日本に呼びよせる手続き
在留資格変更許可申請 現在持っているビザを配偶者ビザに変更する手続き
在留期間更新許可申請 現在持っている配偶者ビザの在留期限を延長する手続き

ビザを取得するまでの流れ

どのような申請方法をするかによって、ビザを取得するまでの流れが若干異なります。

ビザが許可されるまでのおおまかな流れは以下のとおりです。

●在留資格認定証明書交付申請

  1. どのような理由によりビザを取得したいのかを明確にする
  2. 明確にした理由でビザがあるのか調べる
  3. ビザの要件を満たしているか確認する
  4. 書類の作成と収集をする
  5. 入国管理局に申請する
  6. 入国管理局から認定証書が郵送される
  7. 認定証明書を外国人に郵送する
  8. 日本大使館等で来日手続きをする
  9. 来日

●在留資格変更許可申請、在留期間更新許可申請

  1. どのような理由によりビザを取得したいのかを明確にする
  2. 明確にした理由でビザがあるのか調べる
  3. ビザの要件を満たしているか確認する
  4. 書類の作成と収集をする
  5. 入国管理局に申請する
  6. 入国管理局からハガキが郵送される
  7. 入国管理局に行き手続きをする

どのようなビザがあるのか調べる

ビザの種類は様々で、目的によってビザが用意されています。

「日本の会社に就職した」「日本人と結婚した」などです。

どのような理由でも該当するビザがあるわけではないので、まずは、どのような目的で日本で生活したいのかを明確にして、その理由で日本に滞在できるビザがあるのかを確認しなければなりません。

ビザの要件を満たしているか確認する

該当するビザがあれば、次にそのビザを取得するための要件を満たしているか検討しなければなりません。

それぞれビザには要件があり、この要件を満たしていないのであれば、取得することが困難だからです。

書類の作成と収集はとても重要

入国管理局の審査は基本的に書類審査です。

そのため、書類の作成や収集により、本来であれば許可された内容であっても不許可になることがあり、現に、当事務所で不許可になった案件を再申請をしたら許可されたことが何度もあります。

書類の作成と収集はとても重要なことなので、個々の状況に応じて必要書類を入国管理局に提出してください。

ビザでお悩みのときはご相談ください

当事務所では、今までいろいろなご事情によりビザについて悩んでいる人からご相談をお伺いしてご協力させて頂きました。

ほんの一部ですが、こちらは今までのご相談者様の声です。

もし、ビザについて悩んでおり、取得するのに協力して欲しいとお考えの場合はご連絡ください。

スマホの場合
電話
メールの場合
メールの無料相談のお問合せ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする