外国人が介護福祉士として働くための介護のビザ 在留資格とは

介護のビザ 在留資格とは

介護のビザ(在留資格)とは、「日本の会社等と契約して介護福祉士の資格を有する者が介護又は介護の指導を行う業務に従事する活動」です。

日本では介護福祉士の資格を取得するためには、大きく分けると「介護福祉士養成施設を卒業」「一定以上の実務及び研修を行う」「福祉系高校を卒業」のいずれかを満たして国家試験を受験して合格することが考えられますが、介護のビザを取得するためには、介護福祉士養成施設を卒業して国家資格を受験して合格しなければなりません。

なお、平成29年度から平成33年度末までの介護福祉士養成施設卒業者については、 卒業から5年間、暫定的に介護福祉士の免許を取得できます。

ただし、暫定的なので、6年目以降も引き続き介護福祉士の免許を保持するためには、
「卒後5年以内に国家資格に合格する」「原則卒後5年間連続して実務に従事する」のいずれかを満たす必要があります。

介護のビザを取得するための要件とは

介護のビザを取得するためには、以下のことを満たす必要がります。

要件 概要
日本の会社等と契約をする 日本の会社等と契約をして雇用されなければなりません。
介護福祉士の資格を取得 日本の介護福祉士の免許を取得していなければなりません。
介護をするまたは介護の指導を行 ・介護活動の場合、専門的知識及び技術が必要な介護でなければならず、単なる雑用的な業務ではいけません。

・介護の指導では、指導できる能力を有していなければなりません。

介護福祉士養成施設を卒業 日本の介護福祉養成施設を卒業していなければなりません。
一定額以上の報酬を得る 日本人が従事する場合に受ける給料と同等額以上の給料が必要となります。

介護ビザを取得するまでの主な流れ

介護士として働くことを目的として来日する場合は以下のとおりとなります。

  1. 介護福祉養成施設の学校に留学するための留学ビザを取得する
  2. 来日して介護福祉養成施設の学校で修学する
  3. 国家試験を受験して介護福祉士の免許を取得
  4. 就職先の決定
  5. 介護福祉養成施設の学校を卒業
  6. ビザを留学ビザから介護ビザに変更
  7. 就職して介護活動を行う

すでに来日しており介護ビザを取得したい場合は、現在持っているビザの活動目的を阻害しなければ、留学ビザを取得せずに介護福祉養成施設の学校に入学することは可能です。

その場合は、要件を満たしたうえで現在持っているビザから介護ビザに変更することになります。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする