外国人の子どもが日本で生活するためのビザ 在留資格は何?

外国人の子どもという身分で取得できるビザ

日本で生活するために取得するビザ(在留資格)の中には、外国人の子どもという身分に基づいて許可されるビザがいくつかあります。

ただし、当然のことながら「外国人の子ども」というだけではビザは取得できません。

ビザにはそれぞれ取得するための要件があるためです。

どのような子どもがどのビザに該当するのか

以下は子どもの状況によって取得できるビザの分類と主な要件となります。

子どもがどのビザに該当するかを確認してください。

状況(主な要件) 該当するビザ
親が就労系ビザを取得して日本で働いている外国人の子どもの場合 家族滞在ビザ
日本人と外国人との間に生まれた子どもの場合 日本人の配偶者等のビザ

(配偶者ビザ)

日本人と特別養子縁組をおこなった子どもの場合
親が永住者ビザを持っている場合に日本で生まれた子ども 永住者の配偶者等のビザ
親が永住者ビザを持っている場合に外国で生まれた子ども (告示外定住者) 定住者ビザ
親が日本人または永住者ビザを持っている、特別永住者の場合で、未成年で未婚、扶養を受けて生活している実子 (告示定住者 6号イ)
親が在留期間が1年以上となっている日系関係以外の定住者ビザを取得している場合の、未成年で未婚、扶養を受けて生活している実子 (告示定住者 6号ロ)
親が日系2世、日系3世またはその配偶者で、在留期間が1年以上となっている定住者ビザを取得している場合の、未成年で未婚、扶養を受けて生活している実子で素行が善良 (告示定住者 6号ハ)
日本人、永住者のビザ、特別永住者又は1年以上の在留期間を指定されている定住者ビザをもって在留する者の配偶者で、日本人の配偶者等のビザ又は永住者の配偶者等のビザをもって在留するものの扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子 (告示定住者 6号二)
親が日本人または永住者ビザ、定住者ビザを取得しており、養子の年齢が6歳未満 (告示定住者 7号)

要件以外にも気を付けておくこと

表を見て子どもに該当するビザがあったとしても、ビザが取得できない場合があります。

なぜならば、入国管理局は表の主な要件を満たしていればビザを許可するわけではなく、その他の個々の事情もふまえて総合的に判断してビザの許可・不許可を判断するためです。

以下は気を付けておきたいことになります。

  • 世帯年収が低いと子どもを扶養するお金が足りないと判断されるため、できれば300万円以上の世帯年収はあったほうがよいです。
  • 税金の滞納がある場合、日本国で生活する義務を果たしていないと考えられます。ただし、特別な理由がある場合は大丈夫です。
  • 過去に犯罪を犯している場合、扶養能力を疑われる可能性があります。
スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする