帰化手続きの動機書は何を書けばいいのか?

帰化の動機書とは

帰化をするための申請書のなかには、一部例外の外国人を除いて帰化の動機書という書面を作成しなければなりません。

なお、一部例外の外国人とは、申請者が特別永住者、又は、申請者が15歳未満の外国人であり、これらの者は帰化の動機書が不要となります。

この帰化の動機書は、特別な理由がない限り、帰化を希望する申請人本人が書かなければならず、代筆やワープロで作成することはできません。

書くときの注意点としては、無理やり知らない漢字を使ったりしないことです。

そんなことをして、担当官との面接で質問されたときに、書けなかったり読めなかったりしたすると、担当官の印象が悪くなります。

しかし、すべてひらがなでよいということではなく、帰化をするためには基本的には小学3年生以上読み書きが必要と言われているので、できれば小学3年生以上の漢字を使って書けるようにしてください。

どのようなことを動機書で書けばいいのか?

当然のことながら、帰化の動機は千差万別です。

そのため、動機書の内容は同じになることはあり得えません。

インターネットではひな形を見かけますが、あくまでこれはひな形であり、同じように書くことはおすすめできません。

なぜならば、「帰化をしたい」という申請人の思いが担当官に伝わらないからです。

思いがない文章はうすっぺらなので、担当官によい印象を与えることができません。

とはいえ、何もない状態から文章を作るのは大変なので、以下のことを参考にして動機書を書いてみてください。

①日本に来た経緯

どうして日本に来たのですか?その時の気持ちや理由と書いてみてください。

②日本での生活の状況

日本に住んでどのような生活を送ってきましたか?仕事のこと、結婚のこと、家族のこと、生活環境などを時系列にして、そのときどきの気持ちを書いてみたください。

③社会貢献

日本で今まで行ってきた、又は、これから行う予定の社会貢献はありますか?無理して書く必要はありませんが、あれば書いておきましょう。

④帰化したい理由

動機書を書く上で一番大切なのが、「なぜ帰化をしたいのですか?」です。日本で帰化して生活したいという思いを書いてください。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする