外国人が再び日本に入国できる再入国許可とみなし再入国許可

再入国許可とみなし再入国許可とは

日本に在留している外国人が、帰国、商用、親族の訪問、観光など、さまざまな理由で一時的に日本から出国したい場合、そのまま何もせずに出国してしまうとビザ(在留資格)が消滅してしまいます。

ビザが消滅してしまうと、外国人は日本を出国するたびにビザを取得しなければならず、それでは手続きが大変となってしまいます。

そのようなことにならないために、再入国の手続きをしておけば、ビザを消滅させずに日本に再入国することができます。

この日本に再入国できる手続きは「再入国許可」と「みなし再入国許可」の2種類があります。

再入国許可とは

再入国許可には、1回限り有効のものと有効期間内であれば何回も使用できる数次有効のものと2種類があります。

再入国許可の期間は5年を超えない範囲内で、かつ、現に取得しているビザの期間満了の日までとなっており、例外として特別永住者の場合は6年間有効となっています。

ただし、現在持っている在留期間の範囲内なので注意が必要です。

なお、再入国許可はみなし再入国許可の制度が導入されてからは、あまり使用されなくなりました。

みなし再入国許可は手続きがほとんどなく便利なためです。

みなし再入国許可とは

一定の人は再入国の許可を申請しなくても日本に再入国できるようになりました。

このみなし再入国許可ができる外国人は、日本に在留資格をもって在留する外国人(3ヶ月以下の日本への在留期間が決定された者及び短期滞在ビザの者を除く)で、難民旅行証明書以外の有効な旅券を所持するもの、または、中長期在留者の場合は在留カードを所持する人が原則として対象となります。

みなし再入国の許可期間は、出国してから1年以内(特別永住者は2年以内)となります。

ただし、在留資格が1年以内の場合は、その期間満了の日までです。

なお、再入国許可と違い、みなし再入国許可の場合は、「有効期間の延長申請」はできないことに気をつけてください。

みなし再入国許可が認められない外国人

  1. 在留資格取消手続中の者
  2. 出国確認の留保対象者
  3. 収容令書の発付を受けている者
  4. 難民認定申請中の「特定活動」の在留資格をもって在留する者
  5. 日本国の利益又は公安を害するおそれがあること、その他の出入国の公正な管理のため再入国の許可を要すると認めるに足りる相当の理由があるとして法務大臣が認定する者
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする