留学ビザや家族滞在ビザ等でアルバイトができる資格外活動許可とは?

本業以外の活動をするときは資格外活動許可

現在持っているビザ(在留資格)の活動を行いつつ、他のビザの活動を収益を得て行いたい場合には、資格外活動の許可が必要となります。

しかし、資格外活動許可はどのようなビザでも認められるわけではなく、「短期滞在」、「研修」、「技能実習」の在留資格の場合は、基本的に資格外活動は許可されません。

また、入管法別表第二に掲げられているビザである「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」のビザを持つ外国人は、就労活動に制限がないため、資格外活動許可は必要ありません

資格外許可の内容

資格外活動許可の内容として大きく分けると、次の2種類の許可があります。

個別許可 地方入国管理局長が、公私の機関の名称及び所在地、業務内容その他の事項を定めて個々に指定する活動。
包括許可 原則として1週に28時間以内であること及び活動場所において風俗営業等が営まれていない場合の活動。

「留学ビザ」「家族滞在ビザ」又は「一定の特定活動ビザ」の場合に許可されます。この場合は1週に28時間以内であれば働くことができます。

資格外活動が許可される主な例

この資格外活動許可の主な例としては以下のような場合があります。

  • 「留学」の在留資格を持つ人が、学費と生活費のためにアルバイトをする場合。
  • 会社側の理由により解雇された場合に、次の就職まで一時的に働きたい。
  • 普段は高等学校で英語の教師をしているが、時間が空いているときは、民間の英語教室で教師をしたい場合。
  • 「家族滞在」の在留資格を持つ人が、家計のために働きたい場合。

資格外活動許可が不要な仕事

「資格外活動許可」の申請が必要な場合とは、現在持っているビザの範囲外の活動で収入を伴うもの又は報酬を受けるものを行おうとする場合です。

ただし、臨時の報酬等に該当する場合は資格外活動許可は不要です。

臨時の報酬とは
業として行うものではない講演に対する謝金、日常生活に伴う臨時の報酬その他の報酬は、次の各号に定めるとおりです。

なお、「業として行うものではない」とは、「反復・継続して行わないものであること」です。

一  業として行うものではない次に掲げる活動に対する謝金、賞金その他の報酬
イ 講演、講義、討論その他これらに類似する活動
ロ 助言、鑑定その他これらに類似する活動
ハ 小説、論文、絵画、写真、プログラムその他の著作物の制作
ニ 催物への参加、映画又は放送番組への出演その他これらに類似する活

二  親族、友人又は知人の依頼を受けてその者の日常の家事に従事すること(業として従事するものを除く。)に対する謝金その他の報酬

三  留学の在留資格をもつて在留する者で大学又は高等専門学校(第四学年、第五学年及び専攻科に限る。)において教育を受けるものが当該大学又は高等専門学校との契約に基づいて行う教育又は研究を補助する活動に対する報酬

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする