子どもまで犯罪に巻き込む偽装認知

偽装認知が増えてきた

偽装結婚は知っているといると言う人は多いと思いますが、偽造認知を知っているという人はそんなにいないのではないでしょうか?

簡単に言うと、偽装結婚とは日本人の配偶者等の在留資格(ビザ)を取得して日本で暮らすために結婚することで、書類上では結婚しているが、実際には夫婦生活を営んでいない場合です。

これは昔からあったことですが、数年前から新たな手口として行われているのが偽装認知です。

この偽装認知も偽装結婚と同様で、日本で暮らすことですが目的です。

内容は、子どもに日本国籍を取得させることで、不法滞在中のその子どもの親である外国人がビザを取得するためです。

親である外国人は不法滞在なので、在留特別許可を入管に求めることになります。
在留特別許可を申請する際のプラス要因としてガイドラインには次のようなことがか書かれています。

外国人が、日本人又は特別永住者との間に出生した実子(嫡出子又は父から認知を受けた非嫡出子)を扶養している場合であって、次のいずれにも該当すること。

  • 実子が未成年かつ未婚であること
  • 外国人が実子の親権を現に有していること
  • 外国人が実子を現に本邦において相当期間同居の上、監護及び養育していること

子どもが日本国籍を取得したからといって必ず在留特別許可が認められるわけではありませんが、やはり日本国籍である子どもがいることはプラス要因としては大きいようです。

当然のことですが、逮捕された場合は罰則がありますし、退去強制がなされることになります。

親は自分から犯罪を犯しているのですからしょうがないとしても、かわいそうなのは子どもです。

親の身勝手な行動に振り回されるのですから。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする