観光や親族訪問等で日本に入国するための短期滞在のビザ 在留資格

日本で短期間滞在するためのビザ

短期滞在のビザ(在留資格)とは、外国人が日本に短い期間滞在して、観光、保養、スポ―ツ、親族の訪問、見学、講習又は会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動のビザです。

このビザが許可されるためには、日本の入国管理局ではなく外国人の本国にある在日本大使館等で申請して許可されることになりますが、日本が査証免除国として認めている国から日本に入国する場合は、在日本大使館等での申請は不要です。

短期滞在ビザで日本で行うことができる活動とは

短期滞在ビザ」で行うことができる活動としては、主に以下のことがあげられます。

  1. 観光、娯楽、通過の目的で滞在する者
  2. 保養、病気治療の目的で滞在する者
  3. 競技会、コンテスト等に参加する者
  4. 友人、知人、親族等を訪問する者、親善訪問者、冠婚葬祭等に出席する者
  5. 工場等の見学、見本市等の視察等で滞在する者
  6. 教育機関、企業等の行う講習、説明会等に参加する者
  7. 報酬を受けないで講義、講演等をする者
  8. 会議その他の会合に参加する者
  9. 日本に出張して業務連絡、商談、契約調印、アフターサービス、宣伝、市場調査その他のいわゆる短期商用の活動を行う者
  10. 日本の大学等の受験又は外国法律事務弁護士となるための承認を受ける等の手続のため滞在する者
  11. その他日本において収入を伴う事業を運営し又は報酬を得る活動をすることなく短期間滞在する者

例外として謝金、報酬を受け取れる短期滞在ビザの活動

短期滞在ビザでは、収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動は認められないことになっています。

ただし、以下の業として行うものでない一定の活動を行うときは、謝金、臨時の報酬等を受け取ることが可能となっています。

1、業として行うものではない以下に掲げる活動に対する謝金、賞金その他の報酬。

  • 講演、講義、討論その他これらに類似する活動。
  • 助言、鑑定その他これらに類似する活動。
  • 小説、論文、絵画、写真、プログラムその他の著作物の制作。
  • 催物への参加、映画又は放送番組への出演その他これらに類似する活動。

2、親族、友人又は知人の依頼を受けて、その者の日常の家事に従事すること(業として従事するものを除く。)に対する謝金その他の報酬。

もし短期滞在ビザが不許可になった場合

短期滞在ビザが不許可となった場合、不許可となった日から6ヶ月間、同じ理由で短期滞在ビザの申請をすることができません。

しかも、申請をした現地の日本領事館等では不許可の理由は教えてはくれません。

妊娠中で外国人の親にお手伝いして欲しい場合、自分の親が日本にいる婚約者の親に会いに来るという場合などでは、6ヶ月待って再申請をするのはあまり意味がないので、このようにならないように書類の作成と収集には気を付けましょう。

短期滞在ビザの更新申請と他のビザに変更申請はできるのか?

「短期滞在ビザの更新申請」と「短期滞在ビザから他のビザに変更申請」は、「人道上の真にやむをえない事情」「やむを得ない特別の事情」等がある場合に限り、許可することになっております。

そのため、基本的には許可されないのですが、例外として許可されるときもあります。

許可が認められる場合とは、例えば、「交通事故に合い日本の病院に入院している」「妊娠しているので飛行機に乗れない」「日本にいる親族の面倒を見る人がいない」「子ども面倒を見る人がいない」が該当します。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする