一定の条件の下での家事使用人の帯同

高度専門職ビザを取得しているまたは予定の外国人が家事使用人を雇いたい場合には、大きく分けると2つの方法がありそれぞれ要件があります。

① 外国で雇用していた家事使用人を引き続き雇用する場合

  • 高度専門職外国人に雇用され、当該雇用主である高度専門職外国人と共に本邦に入国を予定していること。
  • 雇用主である高度専門職外国人が申請人以外に家事使用人を雇用していないこと。
  • 申請人の入国の時点において、雇用主である高度専門職外国人の本邦入国後の世帯収入(予定)が1000万円以上であること。 なお、「世帯年収」とは、配偶者以外の者の報酬などは含まれません。
  • 雇用主である高度専門職外国人が使用する言語により日常の会話を行うことができること。
  • 月額20万円以上の報酬を受けること。
  • 18歳以上であること。
  • 上陸申請を行う直前まで継続して1年以上当該雇用主である高度専門職外国人に個人的使用人として雇用されていること。

② ①以外の家事使用人を雇用する場合

  • 雇用主である高度専門職外国人が申請人以外に家事使用人を雇用していないこと。
  • 申請人の入国の時点において、雇用主である高度専門職外国人の本邦入国後の世帯収入(予定)が1000万円以上であること。なお、「世帯年収」とは、配偶者以外の者の報酬などは含まれません。
  • 雇用主である高度専門職外国人、申請人の入国の時点において、13歳未満の子又は病気等により日常の家事に従事することができない配偶者を有すること。なお、「13歳未満」については、申請人の入国日における年齢とします。
  • 雇用主である高度専門職外国人が使用する言語により日常の会話を行うことができること。
  • 月額20万円以上の報酬を受けること。
  • 18歳以上であること。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする