外国人が転職するときに役立つ就労資格証明書

転職に問題がないか確認できる

就労資格証明書とは、日本に在留する外国人からの申請に基づき、「就労活動」を法務大臣が証明する文書です。

事業者側としては、その外国人が自社で就労資格があるかないかについて、あらかじめ確認したいと思いますし、外国人側も転職の手続きをスムーズに行うためには、自分が持っているビザ(在留資格)で転職先の仕事ができるかどうかを確認する手段があれば便利です。

このように、事業主と外国人の双方の利益を図るためにしたものが就労資格証明書です。

この就労資格証明書は、特に転職をしようとしている外国人の人には役に立ちます。

なぜならば、転職前の会社を経由して許可されたビザは、転職後の会社にビザが該当するかはわからないためです。

例えば、技能ビザで日本に入国してA会社で働いていましたが、B会社に転職することになったとします。

この場合、A会社で働けるかどうかで技能ビザが許可されたのであり、B会社で働けるかどうかで技能ビザが許可されたわけではありません。

ここでB会社で働けるかどうかを確認するのが就労資格証明書となります。

これが取得できれば、次の在留資格更新許可のときは安心できますし、手続きも簡易化されます。

つまり、転職して働いていたけど、ビザの更新が不許可になって大慌てということを事前に防ぐことができるのです。

なお、就労資格証明書がなければ外国人が就労活動を行うことができないというものではありませんし、外国人を雇用しようとする事業者は、就労資格証明書を提示し又は提出しないことを理由として、不利益な取扱いをすることはできません。

あくまで、外国人が就労活動ができるかできないかを証明するための書面です。

就労資格証明書を取得するメリット

就労資格証明書を取得しておくと事業者お及び外国人にとって、以下のようなメリットがあります。

メリット
事業者
  • 資格がない外国人を雇用していた場合は、事業者に不法就労助長罪が科せられる可能性があります。
  • 外国人に自社での就労資格が無いと判断された場合に、その外国人が必要ならば、再申請するための業務内容などを改善する時間がある。
外国人
  • 在留期間更新のとき、不許可処分となるリスクを回避できます
  • ビザの更新許可申請の手続きがスムーズに行われます。
  • 仮に就労資格が無いと判断されたときでも、別の会社への転職を検討する時間がある。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする