日本人配偶者が死亡した外国人のビザはどうなるのか?

配偶者ビザから他のビザに変更する

日本人配偶者が死亡した外国人の場合、配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)を取得して日本で生活している外国人は、日本人と再婚でもしない限りビザ(在留資格)を変更しなければなりません。

そうしないと、継続して日本で生活することはできません。

日本人配偶者が死亡した場合には、定住者ビザにビザを変更できる可能性があります。

定住者ビザに変更したい場合

ご不幸にも日本人配偶者が死亡してしまった場合、日本人配偶者が死亡したという理由で取得できるビザとして定住者ビザがあります。

しかし、この定住者ビザも他のビザ同様、「日本人配偶者が死亡したからビザを変更してください」と入国管理局に言っても「わかりました」と言ってビザの変更を許可してくれるわけではありません。

変更するためにはいろいろと要件があるのですが、最低限の要件として「日本で生活していくことができる資産または 技能を有すること」が絶対です。

わかりにくい言葉ですが、ようするに「安定した収入がある」「面倒を見てくれる人がいる」「財産がたくさんある」など、日本で生活していけることを証明する必要があるということです。

日本人配偶者が亡くなったので辛い状況であり、なおかつ、これからのことで不安になっていると思いますが、早めに解決しなければならない問題は早めに解決をしたほうがよいです。

ビザは早めに解決しなければ問題であり、問題解決をしない場合、最悪本国に帰国しなければなりません。

日本人と再婚した場合

日本人と結婚した場合は在留期間更新許可申請となりますが、必要書類は在留期間更新許可申請の必要書類ではなく、在留資格変更許可申請と同様の必要書類が必要になることにご留意ください。

なぜなら、現在持っている結婚ビザ 配偶者ビザは、お亡くなりになった日本人との結婚により許可された配偶者ビザであり、再婚した日本人と結婚して許可された配偶者ビザではないからです。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする