一定の外国人は永住者ビザを取得する要件が緩和されます

日本人の配偶者は優遇されています

永住者ビザを取得するためには、「引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし、この期間のうち、就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していること」という要件があります。

この要件が配偶者ビザを持っている外国人には、「実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引き続き1年以上本邦に在留」となります。

なお、この要件を誤解している人もいますが、日本人配偶者であればよいので、配偶者ビザを取得している必要はありません。

配偶者ビザでなく、他のビザを取得している外国人であっても、日本人の配偶者であれば要件に該当することになります。

一般的な要件の場合「引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし、この期間のうち、就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していること」を満たす必要がありますが、これを満たすのは簡単なことではありません。

引き続き10年なので、一度でもビザが途切れてしまうとそこでリセットされてしまいます。

例えば、留学のビザで来日して4年後に日本の会社に就職したけど3年後に退職して本国に帰国したとします。

その後、再び日本の会社に就職して3年が経過しました。
このような場合、単純に見ると10年経過して5年以上就労資格で働いているから一見すると永住者ビザの要件を満たしているように思えますが、これでは満たしていません。

来日してから7年後に帰国してビザが途切れた後に再度ビザを取得しているので、引き続き日本で在留していないからです。

そのため、このような場合は再び日本の会社に就職した3年分しかカウントされず、10年を満たさないことになります。

これが日本人配偶者なら日本で1年間生活していれば要件をクリアーします(結婚してからの結婚生活は日本でも外国でも構いませんが3年必要です)。

日本での生活だけを見ても10年と1年の差はものすごく大きいので、だいぶ緩和されていることになります。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする