高度専門職ビザの高度学術研究活動での主なポイント

ポイント制で70点以上必要

高度専門職のビザ(在留資格)の取得要件の一つに「ポイント計算表で70点以上取る」というものがあります。

これはどのような活動をして高度専門職のビザを取得したいかによって異なります(高度専門職では活動内容が「高度学術研究活動」「高度専門・技術活動」「高度経営・管理活動」の3つがあります)。

例えば、高度学術研究活動での主なポイントは以下のようになっています。

高度学術研究活動「高度専門職1号(イ)」

学歴
博士(専門職学位を除く)30点
修士又は専門職学位 20点
経営管理に関する専門職学位(MBA,MOT)を保有 5点
大卒又はこれと同等以上の教育(博士,修士を除く) 10点

職歴(従事しようとする業務に係る実務経験)
・10年以上 20点
・7年以上10年未満 15点
・5年以上7年未満 10点
・3年以上5年未満 5点

年収
・年齢により10点~40点が加算されます。
※年収が300万円に満たないときは,他の項目の合計が70点以上でも,高度専門職外国人としては認められません。

年齢(申請の時点の年齢)
・30歳未満 15点
・30~34歳 10点
・35~39歳 5点

研究実績
・発明者として特許を受けた発明が1件以上 15点
・・外国政府から補助金,競争的資金等を受けた研究に3回以上従事 15点
学術論文データベースに登載されている学術雑誌に掲載された論文が3本以上 15点以上
・その他法務大臣が認める研究実績 15点以上

資格
・従事しようとする業務に関連する日本の国家資格(業務独占資格又は名称独占資格)を保有,又はIT告示に定める試験に合格し若しくは資格を保有 1つ保有5点 複数保有10点

特別加算
・契約機関がイノベーション創出促進支援措置を受けている 10点
・契約機関が中小企業基本法に規定する中小企業者 10点
・契約機関が中小企業基本法に規定する中小企業者で,試験研究費及び開発費の合計金額が,総収入金額から固定資産若しくは有価証券の譲渡による収入金額を控除した金額(売上高)の3%超 5点
・従事しようとする業務に関連する外国の資格,表彰等で法務大臣が認めるものを保有 5点
・日本の大学を卒業又は大学院の課程を修了 10点
・日本語能力試験N1合格相当又は日本語専攻で外国の大学を卒業 15点

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする