配偶者の生活保護を受けているとビザの取得は困難です

生活保護と配偶者

ビザを取得したいと思っている人の中には、配偶者が生活保護を受給している人がいます。

配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を取得するときに、一方の配偶者が生活保護を受給していることがありますが、結論から言うとビザの取得はとても困難です。

なぜならば、「外国人配偶者と結婚した後、外国人配偶者も生活保護を受給する可能性があるため」です。

それがなぜ問題かというと、日本の税金を外国人配偶者に使用するからです。

日本国としては当然のことながら税金の出費は極力抑えたいものです。

そのため、日本で生活していけるだけの収入やお金などがあるかないかは、入国管理局では審査の対象となり、生活保護を受給している場合、日本国に面倒を見てもらわないと日本で生活することはできないということになります。

結果、生活保護を受給している場合には配偶者ビザの取得は困難となります。

なお、生活保護を受給している場合、配偶者ビザを取得するのは困難ですが、結婚すること自体はできます。

しかし、配偶者ビザを取得することは困難なので、他のビザを取得しないと日本でいっしょに生活することはできません。

そのため、日本と外国で離れ離れで生活するか、日本人配偶者が外国人配偶者の本国に行って生活することになります。

このようなことが起こり得るため、配偶者となる人が生活保護を受給している場合、今後のことをお二人でよく考えたほうがよいと思います。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする