日本に住む外国人が取得する在留カードって?

在留カードって何?

平成24年に外国人登録制度が廃止され、新たに在留管理制度が始まりました。

それにより、以前は外国人の証明書として外国人登録証明書を発行していたのですが、現在は在留カードが発行されています。

この在留カードは、その交付を受けた外国人について、法務大臣が日本に中長期間滞在できる在留資格及び在留期間をもって適法に在留する者であることを証明する役目を果たしています。

なお、外国人登録証明書は、一定の期間は有効な在留カードとみなされます。

在留カードの有効期限

在留カードの有効期限は以下のようになっています。

永住者ビザの者 16歳以上の方 交付の日から7年間
16歳未満の方 16歳の誕生日まで
永住者ビザ以外の者 16歳以上の方 在留期間の満了日まで
16歳未満の方 在留期間の満了日又は 16歳の誕生日のいずれか早い日まで

在留カードが交付されない外国人とは

在留カードはどのような外国人に対しても交付されるわけではなく、以下に記載されている外国人には交付されません。

  1. 「3月」以下の在留期間が決定された者。
  2. 「短期滞在ビザ」の者。
  3. 「外交ビザ」又は「公用ビザ」の者。
  4. 1~3に準じるものとして法務省令で定める者。
  5. ビザを取得していない者。
  6. 特別永住者。特別永住者には別のカードが交付されます。
スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする