永住者と結婚した人などが取得する永住者の配偶者等のビザ 在留資格

永住者と結婚した人などが取得するビザ

永住者の配偶者等のビザ(在留資格)とは、永住者ビザを取得している外国人の配偶者や子どもが、引き続き日本で在留を希望をする場合に許可されるビザです。

この永住者の配偶者等のビザのメリットとして、行うことのできる活動に制限がないので、日本の法律を遵守していればどのよう仕事でもすることができます。

永住者の配偶者等のビザを取得できる外国人

  • 永住者ビザをもって日本に在留する者の配偶者
  • 特別永住者の配偶者。
  • 永住者のビザをもって在留する者の子として日本で出生し、出生後引き続き日本に在留する者
  • 特別永住者の子として日本で出生し、出生後引き続き日本に在留する者。

※ 特別永住者とは、日本が敗戦する前から日本に住み、サンフランシスコ講和条約により日本国籍を離脱した後も日本に在留している台湾、朝鮮半島出身者とその子孫のことです。

このビザでいう「配偶者」とは

このビザでいう配偶者とは、現に婚姻中であり形式的にも実質的にも認められなければならず、以下のような場合には永住者の配偶者等のビザは取得できません。

  • 婚姻の実態があり、婚姻生活の破綻やそれに伴う別居のないことが必要となります。
  • 内縁の妻や夫は配偶者とは認められません。
  • 外国で婚姻が成立していても、日本で婚姻が成立していなければなりません。
  • 永住者ビザを取得している配偶者がすでに死亡している時や離婚後にはビザを取得できません。

このビザでいう「子ども」とは

このビザでいう子どもとは、永住者ビザを取得している外国人の実子のことであり、養子縁組をした子どもは、ここでいう子供には含まれません。

なお、外国で生まれた永住者の子どもは永住者の配偶者等のビザではなく定住者のビザになります。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする