外国人が日本でビックリすること

来日して外国人がおどろいたこと

世界の国々では文化の違いからビックリするようなことがあります。

最近私が驚いたことは、「某国では野菜を洗うための洗剤があること」です。

日本に住んでいる私には考えられないようなことです。

逆に日本に住んでいると、普通に思っていたことでも、外国人からしたらビックリするようなことがあります。

そこで、外国人から見て、日本のビックリすることを以下にいくつか挙げてみました。

①室内に入るとき靴を脱ぐこと

外を歩いていた靴にはいろいろな菌が付いているので、その靴を脱いで部屋に入るのはとても衛生的だと思う。

②電車が時間通りに来ること

1分のずれもなく電車が来ることには驚いた。しかも、電車が遅れる場合、数分遅れただけでアナウンスで知らせている。

③酔っ払いが多い

酔っぱらって歩いている人が多い。私の国では、酔うまでお酒を飲むのはみっともないことなので考えられない。

④トイレがすごい

日本のトイレは多機能だ。便座が暖かかったり、お尻を洗う水が出てきたり、消臭機能まである。こんな便器は見たことがない。

⑤自動販売機

街中のいたるところに自動販売機がある。しかも商品の種類が豊富。もし私の国で、日本のように自動販売機を設置したらすぐに盗まれると思う。

⑥日本人のマナー

東日本大震災で物資を配っているときに、列を作って順番に並んでいることに驚いた。緊急時に自分のことだけではなく、他人のことを考えられることはすごい。私の国では列は作らず、物資の取り合いになると思う。

⑦信号機で止まっている
信号機が赤だと、たとえ車が来ていなくても横断歩道を渡らない。

⑧コンビニがあること

コンビニは24時間営業しており品揃えも豊富。私の国でコンビニのような不用心に深夜営業をしていると強盗が来るでしょう。

⑨サービスがよい

高級店ならまだしも、一般的な店までサービスがよくて親切。無料でここまでするのは、世界中でも日本だけではないでしょうか。

日本は、東京オリンピックに向けて外国人観光客を増やそうとしています。

短期滞在のビザ(在留資格)を取得してわざわざ日本に来てもらうのだから、よいカルチャーショックを与えたいと思います。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする