いろいろな理由により許可される特定活動のビザ 在留資格

特定活動ビザは大きく分けると2つです

特定活動ビザとは、法務大臣が個々の外国人について活動を指定するビザ(在留資格)となっており、入管法の別表一の五にイ~二に規定されています。

その中で、特定活動ビザで特に重要なのは二となります。

内容
本邦の公私の機関(高度な専門的知識を必要とする特定の分野に関する研究の効率的推進又はこれに関連する産業の発展に資するものとして法務省令で定める要件に該当する事業活動を行う機関であつて、法務大臣が指定するものに限る。)との契約に基づいて当該機関の施設において当該特定の分野に関する研究、研究の指導若しくは教育をする活動(教育については、大学若しくはこれに準ずる機関又は高等専門学校においてするものに限る。)又は当該活動と併せて当該特定の分野に関する研究、研究の指導若しくは教育と関連する事業を自ら経営する活動
本邦の公私の機関(情報処理(情報処理の促進に関する法律、第二条第一項に規定する情報処理をいう。以下同じ。)に関する産業の発展に資するものとして法務省令で定める要件に該当する事業活動を行う機関であつて、法務大臣が指定するものに限る。)との契約に基づいて当該機関の事業所(当該機関から労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律、第二条第二号に規定する派遣労働者として他の機関に派遣される場合にあつては、当該他の機関の事業所)において自然科学又は人文科学の分野に属する技術又は知識を要する情報処理に係る業務に従事する活動
イ又はロに掲げる活動を行う外国人の扶養を受ける配偶者又は子として行う日常的な活動
イからハまでに掲げる活動以外の活動

※ここに特定活動ビザで特に重要な「告示されている特定活動」と「告知されていない特定活動」の2種類が含まれています。

告示されている特定活動とは

告示されている特定活動(告示特定活動)とは、法務大臣が告示をもって定める活動のことであり、主な内容は以下となります。

  1. 外交官等の家事使用人としての活動
  2. 「経営・管理ビザ」「法律・会計業務のビザ」の家事使用人としての活動
  3. 亜東関係協会職員とその家族としての活動
  4. 駐日パレスチナ総代表部職員とその家族としての活動
  5. ワーキングホリデーによる活動
  6. アマチュアスポーツ選手としての活動
  7. 6の配偶者・子としての活動
  8. 外国弁護士の国際仲裁代理に係る活動
  9. インターンシップによる活動
  10. 英国人ボランティアによる活動
  11. 「入管法に規定されている特定活動イ、ロ」の扶養する父母又は配偶者の父母としての活動
  12. サマージョブとしての活動
  13. 国際文化交流に係る講義を行う活動
  14. インドネシア、フィリピン、ベトナムとの経済連携協定(EPA)に基づく、看護師、介護福祉士として業務に従事する活動
  15. 外国人患者本人とその世話をする人の活動

なお、詳細を確認したい場合は原文の告示されている特定活動とはをご覧ください。

告示されていない特定活動とは

告示外特定活動とは、どのビザにも該当しない場合、人道上の理由などから特定活動ビザで日本の在留が認められることがあります。

規定がないため、どのような場合にこの告示外特定活動に該当するかは不明確ですが、主な例としては以下となります。

●親を外国から呼び寄せ、いっしょに日本で暮らしたい場合

両親が入管法に定められているビザ(在留資格)を取得できれば日本に入国できますが、該当しない場合には、「特定活動ビザ」の告示外特定活動による申請を検討することになります。

ただし、特別に認められる申請なので、許可されるのは簡単なことではないことは心に留めておいてください。

個々の事情を総合的に勘案されるのであくまで参考程度となりますが、許可されるための要件は以下のようになっています。

  1. 親を呼び寄せた人に生活していくための扶養能力があること。
  2. 親が本国で身寄りがなく面倒をみる人がいない。
  3. 高齢(おおむね70歳)であり1人で生きていくには困難な場合。
  4. 呼び寄せた方が親の面倒をみることが適切なこと。

もっと詳しく知りたい場合は外国人が親と日本で暮らすためのビザとはをご覧ください。

●大学を卒業しても就職活動中の場合

大学にいる時は「留学ビザ」がありましたが、卒業してしまうと「留学ビザ」は取得不可能となります。

在学中に就職できればいいのですが、就職できなかった場合にはビザが無くなってしまうので、日本で就職活動をするには「特定活動ビザ」に変更しなければなりません。

特定活動ビザが取得できれば、一定の期間ですが引き続き就職活動をすることが可能です。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする