僧侶や神父等が日本で活動を行うための宗教ビザ 在留資格

宗教上の活動を行うための宗教ビザ

宗教ビザとは、外国の宗教団体により、日本に派遣された宗教家の行う布教その他の宗教上の活動をするためのビザ(在留資格)となります。

具体的にこの宗教ビザに該当する外国人とは、神父、僧侶、司祭、牧師、伝道師、神官、司教、修道士、宣教師等となります。

宗教ビザを取得するための注意点

宗教ビザが許可されるためには、いろいろな要件を満たさなければなりませんが、宗教ビザを取得するための注意点は以下のようなことがあります。

  1. 宗教のビザは、宗教上の活動を行うために、外国の宗教団体により日本に派遣され、日本において宗教上の活動を行うことを目的とする宗教家の活動をする場合が該当します。
  2. 外国人の方が「日本に派遣されて宗教上の活動を行う」ことが必要なので、活動するための財源が外国にはなく、すべて日本にある場合は宗教のビザには該当しません。
  3. 単なる信者としての活動は宗教のビザには含まれません。
  4. 外国で所属してる宗教団体と、日本の宗教団体の宗派等は直接の関係は不要です。
  5. 宗教上の活動をしながら語学活動、教育活動、社会福祉活動等を行う場合、受け入れ先の宗教団体以外から報酬を得てこれらを行う場合は、資格外活動許可が必要となります。ただし、宗教上の活動の一環として無報酬で行われる場合は資格外活動許可は不要です。
  6. 日本の宗教団体は、たとえ法人格が無くても、現実に宗教活動をしていると認められる立証ができれば問題はありません。
スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする