外国人が日本でコックとして就労するための技能のビザ 在留資格

日本でコックとして働きたい外国人のビザ

ビザ(在留資格)の種類はいろいろありますが、コック(料理人)として日本で働くことを目的とした場合には、技能ビザに該当します。

この技能ビザを取得するためには、「日本の会社等と雇用されて産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動」でなければなりません。

コックとして技能ビザを取得するための要件とは

技能ビザが許可される要件の一つとして上陸許可基準があり、その内容は以下のとおりです。

料理の調理又は食品の製造に係る技能で外国において考案され我が国において特殊なものを要する業務に従事する者で、次のいずれかに該当するもの(ワイン鑑定等をする者は除きます)

日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること

コックとしての10年の実務経験の考え方

「技能ビザを取得するには原則として10年以上の実務経験が必要」という要件がありますが、この10年の実務経験の考え方や証明は以下のようになっています。

  1. 屋台や出店などで働いていた期間は実務経験には含めることができません。
  2. 在職証明はできるだけレターヘッド付きで勤務していた会社を証明したほうがよいです。
  3. 10年の実務経験に数か月満たないからといって、嘘の報告をなさる人もいるようですが、その数か月のためにお店と申請人が入国管理局から目を付けられるくらいなら、数か月海外で働いて堂々と日本に入国したほうがよいと思います。
  4. できれば海外で在職していたときのレストランの外観や店舗内の写真、さらに申請人が厨房で働いている写真や従業員との写真を提出したほうがよいです。

コックとしての技能ビザの疑問

●経済上の連携に関する日本国とタイ王国との間の協定の適用を受ける者の要件とは

  • タイ料理人として5年以上の実務経験があること(タイ労働省が発行するタイ料理人としての技能水準に関する証明書を取得するための要件を満たすために教育機関において教育を受けた期間を含む。)
  • 初級以上のタイ料理人としての技能水準に関する証明書を取得していること
  • 技能ビザの申請を行う日から遡って1年の期間にタイにおいてタイ料理人として妥当な報酬を受けていること

日本料理のコック(料理人)として働く場合の注意点

この技能ビザは「外国で考案されていること」が要件となっているので、日本で考案された日本料理の料理人として働く場合には技能ビザに該当しないので、たとえ申請したとしても不許可となります。

では、日本料理のコックとして働くことができないのかというとそうではなく、日本料理を海外に普及する目的で5年間の期間限定ですが、特定活動ビザを取得して働くことができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする