ビザを変更するための在留資格変更許可申請の手続きとは

現在持っているビザを変更するための申請手続き

在留資格変更許可申請とは、外国人が現在持っているビザ(在留資格)を他のビザに変更する手続きです。

例えば、「留学生が留学のビザから、日本の会社に就職して技術・人文知識・国際業務のビザに変更する」「日本人と結婚して日本人の配偶者等のビザで日本に滞在していたが、その日本人と離婚して定住者のビザに変更する」というような場合です。

なお、「短期滞在のビザ」から他のビザに変更することは本来認められませんが、人道上やむを得ない事情や特別の事情がある場合には許可されます。

ビザの変更を行わず、現在持っているビザに対応する活動以外を行っている場合は退去強制事由に該当しますし、不法残留や専従資格外活動として罰せられてしまうのでご注意ください。

ビザを取得するための書類の勘違い

入国管理局で在留資格変更許可申請が許可されるためには、それぞれのビザの要件を満たして許可される書類の作成と収集をしなければなりません。

許可される書類の作成と収集です。

勘違いしている方もいますが、法務省のホームページなどで公表されているのは申請するための主な書類であり、許可される書類ではありません。

そのため、ビザを取得するためには、個々の事情によりさらに書類が必要な場合があります。

基本的に入国管理局は申請人が提出した書類から許可・不許可を判断するので、本来なら認められるべき場合も、しっかりと書類の作成・収集をして入国管理局にビザを申請人に与えても大丈夫なことを主張・立証しなかったために、不許可になってしまうことは十分あり得えます。

現に許可となった場合でも、当事務所で再申請をしたらビザを入国管理局に認めてもらい、無事に許可されたことが何度もあります。

ビザの変更が許可される要件とは

在留資格変更許可申請が認められる主な要件は以下の通りで、これらに該当する事情とその他の事情を総合的に判断して許可・不許可が決定されます。

  1. 在留資格該当性(申請人が行おうとする活動が、入管法に掲げる在留資格であること)
  2. 上陸許可基準(法務省令に記載されている各ビザの要件)
  3. 相当性(ガイドラインに記載されている許可・不許可の判断材料)

これらの要件を満たしていることの立証責任は入国管理局ではなく申請人側となります。

つまり、法務省で公表されている必要書類は必要最低限の書類ということであり、別途、提出した方が良い書類は個別に検討する必要があるということです。

ビザが許可されるまでの流れ

ビザの変更が許可されるまでの主な流れは以下のとおりです。

  1. 必要書類の収集と作成
  2. 住所地を管轄する入国管理局で申請
  3. 入国管理局が受理
  4. 結果のハガキがくるまで待機(この間に追加書類を求められたらすぐに対応する)
  5. ハガキが届く
  6. 必要書類をもって入国管理局に行く
  7. 新たな配偶者ビザをもらう

なお、入国管理局では結果が出るまでの標準処理期間は2週間~1ヶ月としていますが、1ヶ月以上かかることは結構あります。

特に問題がない場合でも結果が出るまで1ヶ月~2ヶ月の間くらいは見ておいたほうがよいです。

スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする