日本で美術や音楽等の芸術のために取得できる芸術のビザ 在留資格

芸術上の活動で取得する芸術ビザ

芸術ビザとは、収入を伴う、音楽、美術、文学などの芸術上の活動を行うためのビザ(在留資格)となります。

ここでいう「芸術上の活動」とは、どのようなものが該当するかは、はっきりと規定されていないので、どのような活動が芸術なのかが曖昧です。

つまり、申請人が「私が行っている○○は芸術だ」ということをしっかりと入国管理局に主張・立証すれば芸術ということになり、芸術ビザが許可される可能性があります。

どのような職種や業種が芸術ビザに該当するのか

芸術ビザには要件の一つとなる上陸許可基準が存在しないので、芸術に該当する職種や業種もはっきりと決まっていませんが、次に掲げる職種や業種は該当する可能性が高いです。

なお、同じような仕事を行うビザで興行ビザがありますが、芸術ビザは興行ビザに該当する仕事以外の仕事になります。

創作活動行う場合 作曲家、作詞家、画家、彫刻家、工芸家、著述家、写真家、等
指導を行う場合 音楽、美術、文学、写真、演劇、舞踊、映画、等

芸術ビザの注意点

ビザはいろいろとあるため芸術ビザなのか他のビザなのか迷ったり、芸術と言うだけでは入国管理局は芸術ビザを許可してくれません。

芸術ビザを検討する場合は以下をご覧ください。

  • 演奏活動は「芸術ビザ」ではなく「興行ビザ」になります。
  • 大学で芸術上の指導や教育を行う場合は「教授ビザ」を検討することになります。
  • 芸術家といえるためには、展覧会への入選等、芸術上の相当程度の業績が必要となります。
  • 芸術上の活動のみにより日本において安定した生活を営むことができると認めれることが必要です。
  • 収入を伴わない活動の場合は、「文化活動ビザ」を検討することになります。
スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする