認知には出生で日本国籍を取得する認知とできない認知がある

外国人の子どもの認知

認知とは、「結婚していない相手との間にできた子どもに、法律上の親子関係を生じさせる手続き」です。

この認知には、生まれてくる前の認知(胎児認知)と、生まれた後の認知があり、胎児認知と通常の認知の大きな違いは、生まれた時に日本国籍を取得できるかできないかです。

子が出生により日本国籍を取得する要件は以下のようになっています。

  1. 出生の時に父又は母が日本国民であるとき
  2. 出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民であったとき
  3. 日本で生まれ父および母がともに不明のとき又は無国籍のとき

認知の場合は1の要件を検討することになりますが、ここでいう「父」または「母」とは、子と法律上の親子関係がある父または母をいいます。

つまり、結婚をしていない日本人父と外国人母との間に生まれた子については、母の胎内にいる間に日本人父から認知(胎児認知)されている場合は、1の要件を満たすので、出生によって日本国籍を取得します。

しかし、出産後に日本人父が認知した場合には、出生の時に法律上の親子関係があったことにはならないので、1の要件を満たさず、原則として、出生によっては日本国籍を取得できません。

生まれた後の認知でも日本国籍は取得できる

出生後の認知でも以下の要件を満たしていれば、法務局へ届出をすることにより日本国籍を取得できます。

  1. 届出の時に20歳未満であること。
  2. 認知をした父が子の出生の時に日本国民であること。
  3. 認知をした父が届出の時に日本国民であること。(認知をした父が死亡しているときは、その死亡の時に日本国民であったこと。)
  4. 日本国民であった者でないこと。

以上の要件に該当しない場合に日本国籍を取得したい場合には、帰化申請をする必要があります。

なお、認知された子どもがいる場合、認知された子どもの母親は「定住者ビザ」を取得できる可能な場合があるので、子どもが日本人男性に認知された場合には検討してみてはいかがでしょうか。

このような場合の定住者ビザの最低要件は、「日本で生活していくことができる収入や資産等がある」ことです。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする