子どもが生まれたとき等におこなう在留資格取得許可申請とは

在留資格取得許可申請とは

日本で生活している外国人は、原則として何かしらのビザ(在留資格)を取得して日本で生活しています。

しかし、例えば、日本にビザを取得して生活していた外国人夫婦に子どもができ、日本で出産した場合、ビザを取得して日本に入国したわけではないので、その子どもにはビザがありません。

このように、日本への入国手続を経ることなく、何かしらの理由が発生した日から60日間を超えて日本で生活することを希望する場合の手続きが在留資格取得許可申請となります。

いつまでに申請をすればいいのか?

理由が生じた日から60日以上日本に滞在する場合、在留資格取得許可申請をするには、申請する外国人が出生、日本国籍の離脱などの事情が生じた日から30日以内に入国管理局で申請をしなければなりません。

つまり、「日本で60日以上の生活を希望しない場合」には、在留資格取得許可申請を行いビザを取得しなくても日本に滞在することは可能ということです。

子どもにはどのようなビザが考えられるか?

日本で生活するために在留資格取得許可申請をおこないビザを取得することなりますが、主に考えられるビザは以下となります。

出生したときの状況 子どもが該当するビザ
両親が外国人で、一方が就労系ビザで日本に滞在している場合 家族滞在のビザ
両親の一方が日本人の場合 日本人の配偶者等のビザ
両親の一方が永住者ビザを取得しており、子どもが日本で生まれた場合。 永住者の配偶者等のビザ
両親の一方が永住者ビザを取得しており、子どもが外国で生まれた場合。 定住者のビザ
両親の一方が定住者ビザを取得している場合  定住者のビザ
スマホの場合
電話
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする