配偶者ビザと呼ばれる日本人の配偶者等のビザはどんな在留資格?

日本人の配偶者等のビザ 在留資格とは

このビザ(在留資格)は、日本人と結婚した外国人配偶者のためのビザと思われることがありますが、その他の外国人もこのビザに該当することがあります。

このビザは、「日本人の配偶者」若しくは「特別養子」又は「日本人の子として出生した者」が取得できるビザです。

この日本人の配偶者等のビザは行うことのできる活動に特に制限はないので、日本の法律を遵守していれば日本人と同じように働くことができます。

このビザで「日本人の配偶者」となり得る外国人とは

ざっくりというと、このビザの配偶者に該当する外国人とは、「日本と外国人配偶者の本国で婚姻手続きが完了している外国人」となります。

もう少し詳しく説明すると、日本人と外国人の結婚が形式的にも実質的にも成立している人です。

形式的要件とは、官公署等に書類を提出したり宗教儀式を行ったり、結婚を公に証明するための手続きでのことで、実質的要件とは、婚姻適齢や重婚の禁止等の結婚するための要件となります。

配偶者ビザについては日本人と外国人が国際結婚して日本で生活するための配偶者ビザの申請をご覧ください。

このビザの「特別養子」とは

養子には普通養子と特別養子がありますが、特別養子とは、家庭裁判所に申立てをして、養子が戸籍上も実親との親子関係を断ち切り、養親の実子とほぼ同様の子になることを特別養子といいます。普通養子は親子関係を断ち切らずに養親の子となります。

特別養子の要件等については特別養子縁組の要件等についてをご覧ください。

なお、普通養子では「日本人の配偶者等」のビザは認められていないことには注意してください。

このビザの「日本人として出生した子」とは

日本人として出生した子とは、日本人の実子のほかに、日本人の実親に認知されている子も含まれます。

ただし、子とは、出生したときに、父または母のいずれか一方が日本国籍を有していたとき、または、本人の出生前に父が死亡し、かつ、その父の死亡のときに日本国籍を有していた場合でなければなりません。

つまり、親が外国人のときに出生した子又は認知した子は、その後にたとえ親が日本人になっても「日本人の子として出生した子」には該当しないということです。

逆に、親が日本人のときに出生した子又は認知した子は、その後にたとえ親が外国人になったとしても「日本人の子として出生した子」に該当することになります。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする