留学生だった外国人と結婚して配偶者ビザを取得する注意点

留学ビザの外国人の結婚する注意点

「外国人と結婚したので配偶者ビザを取りたい」とご相談をお受けすることがあります。

お話をお伺いすると、外国人配偶者は「現在留学ビザを現在持っている、または、過去に持っていた」ということがあるのですが、ここで

当然のことですが、留学ビザを持っていた(持っている)ことが問題ではありません。

問題は、「何かしらの理由により学校を退学したけど、退学後も働き続けている」

留学ビザの外国人は、資格外活動許可を取得すれば風俗関係以外の仕事を原則として1週間28時間までできますが、これはあくまで留学ビザの附属的なものであり、本業である学業を止めてしまい学校を退学してしまった場合にはアルバイトはできません。

留学ビザはアルバイトすることが本業ではなく、あくまで、日本で生活するお金の足しにするためのものです。

ビザを持っているからアルバイトができると勘違いしている外国人がいますが、知らなかったでは通用しないのでご注意ください。

難民認定申請している場合にも注意が必要

他には「以前は留学ビザを持っていたけど、現在は難民認定申請をして特定活動ビザを取得している」という場合も注意が必要です。

本来であれば難民に該当しないことがわかっているのに、働きたいために難民認定申請をする偽装難民が多いためです。

そして、そのような人たちは、特定活動ビザで働くことができなくなると偽装結婚をして、配偶者ビザを取得する外国人がいます。

全員がそのような考えをしているわけではなく、一部の悪質な外国人のために審査が厳しくなっています。

もっと詳しく配偶者ビザについて知りたい場合は国際結婚をした後の配偶者ビザの申請代行をご覧ください。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする